グッズ・サプリ

着圧ソックスの履き方とサイズ選び。いつはくのがいい?一日中・24時間でもOK?

こんにちは!

着圧ソックス愛好家のカナリです。

履くだけで脚をスッキリ見せてくれる着圧ソックス。

脚の太さやむくみが気になっていて、履いてみたいけれど、いつはけばいいのか?どれくらいの時間はけばいいのか?よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、着圧ソックスを十数年間愛用してきた私が、

  • 着圧ソックスの昼用・夜用の違い
  • 着圧ソックスはいつ履くのが効果的か?
  • どれくらいの時間はけばいいのか?
  • サイズ選びの方法

などについて解説していきたいと思います!

着圧ソックス~昼用と夜用の違いは?

着圧ソックスには、昼用・夜用・どちらでもOKなものがありますが、違いは何か?と言うと、「圧力」です。

一般的に昼用の方が圧力が高めで、夜用は弱めの作りになっています。

昼夜どちらもOKな着圧ソックスは、夜でも履けるので夜用と同様弱めの圧力になっているものが多いですね。

さらに、着圧ソックスには医療用(一般医療機器)もありますが、こちらは一般的な昼用よりもさらに圧力が強いものが多いです。

夜用を昼に、昼用を夜に履いてもいいの?

着圧ソックスは、履き心地が不快だと逆効果になってしまいます。

昼用の着圧ソックスは少し圧力が強いものが多いので、昼用がきつく感じるのであれば、夜用を昼間に履いても問題ありません。

その逆に、昼用を夜寝ている間にはくのはおすすめできません。

昼用は圧力が強いので、人によってはかえってむくみが起きたり、しびれを感じてしまう場合もあるようです。

寝ている間は履き心地が不快でも脱ぐことができないので、夜は必ず「夜用」か「昼夜兼用」の着圧ソックスをはきましょう

着圧ソックスはいつはくのがいい?

着圧ソックスは、1日のどの時間帯にはくのが一番効果的なのか?ですが、個人的には朝起きてから日中の間ずっと履くのが一番いいと感じています。

私の場合、朝起きた時脚のむくみは全くないのですが、夕方になるにつれてどんどん太くなってしまうんです。

夕方に脚がだるいのは辛いですし、なにより脚が太くなっているので周りの目も気になります。

でも、着圧ソックスを朝からずっとはいていれば、日中のむくみを防げるので、夕方もスッキリした脚を保てます。

私のように、

  • 夕方に脚がだるくなる
  • スッキリした脚を保っていたい
  • むくんだ脚を見られるのが嫌

という時は、朝から日中の間ずっとはくのがいいですよ。

反対に、

  • 日中より夜の方がむくみやすい
  • 仕事などで日中は着圧ソックスが履けない

という場合は、入浴後から朝まではくのがおすすめです。

着圧ソックスは一日中・24時間履いてもいいの?

着圧ソックスは履いた瞬間から脚をほっそり見せてくれますし、毎日はくのを習慣にしていると、脱いでも脚を太くなりにくくしてくれます。

なので、一日中24時間はいて脚を細くしたい!と思うかもしれませんが、着圧ソックスの履きっぱなしは危険です。

四六時中履いたままでずっと締め付けられた状態になると、血行やリンパの流れが悪くなって、逆にむくみやしびれなどトラブルの原因になってしまうことがあります。

圧力が強いほどトラブルが起きやすいので、圧力強めのソックスをはくときは特に注意しましょう。

 

私も昔、脚を細くしたくて昼も夜もずっと履いてみたことがありますが、昼間だけ履いた時と比べて、とくに変化なし…でした。

私の場合、一日中はいても運よくなんともありませんでしたが、脚のトラブルにつながる恐れがあるので、はきっぱなしはやめましょう。

脚をスッキリさせたくて履くものなのに、トラブルが起きては本末転倒です。

昼間に履くのなら夜は履かない、夜履くのなら昼間は履かない、というように、脚を休める時間を取るようにしましょう

サイズはどう選べばいい?サイズ選びに迷ったら

着圧ソックスのサイズ選びはどうしたらよいか?ですが、まずはパッケージの記載を参考にするといいですよ。

パッケージに身長、ふくらはぎ・足首の太さなどの目安が書かれているので、自分のサイズに合うものを選ぶのが一般的です。

ただし、着圧ソックスのサイズって結構おおざっぱなものが多く、MとLにわかれていても、サイズがかぶっていて、どちらにも当てはまってしまうという場合があります。

もし、MとLどちらにも当てはまってどちらを選んだらいいか迷う時は、大き目の方をサイズを選ぶのがおすすめです。

小さめを購入した場合、万が一きつ過ぎたりすると、はけなくなってしまいますが、大きめならその心配もありません。

大きめでも加圧効果のおかげでゆるくて履けないということはないので、サイズ選びに迷ったら大きめを選ぶようにしましょう。

ちなみに、私は以前間違って大きめサイズを購入してしまったことがありますが、しっかり着圧されて全く問題なくはけましたよ。

 

そして購入後、自分の脚に合っているかどうかは、履いてみて快適かどうか?で判断できます。

初めてはいた時は締め付けの強さに驚くかもしれませんが、我慢できないほど苦しかったり、痛みやしびれを感じたりしなければ、しばらくはき続けてみてください。

徐々に慣れてくるはずです。

どうしても慣れない時は、最初は短時間はいてみて、徐々にはいている時間を長くしていきましょう。

それでもきつ過ぎると感じるときは、脚に合っていないということなので、圧力の弱めのものを選び直して履くことをおすすめします。

着圧ソックスを正しくはいて、美脚を保とう

着圧ソックスは、はいた瞬間から脚をほっそり見せてくれるので、脚の太さやむくみに悩む女性にとっては、救世主のようなアイテムです。

私も長い間お世話になっていますが、はいていると夕方の脚の太さが全く違うので安心感があるんですよね。

でもはき方を間違うと、効果がないどころか逆にむくみをひどくしてしまうこともあるので、効果を発揮させるために正しくはくことが大切です。

着圧ソックスを上手に活用して、スラリとした美脚を保ちたいものですね。